HOME >> 会誌・分科会活動 >> 糖尿病分科会 >> 平成30年度分科会活動報告

平成30年度分科会活動報告

「糖尿病分科会」一覧へ戻る

4.糖尿病分科会              代表世話役 浦添総合病院 宮里弥篤
〇 総説
砂川智子, 秋山滋男: トピックス. 青年期、および若年成人に発症する2型糖尿病.
くすりと糖尿病 6(2): 212-213, 2017.

〇 学会発表
学会名:第7回日本くすりと糖尿病学会学術集会(2演題:ポスター発表)
日時:2018年10月13日~14日 場所:ウインクあいち(愛知県)
・緊急事態遭遇 あなたなら「110番」それとも「119番」をコールしますか
(県立南部医療センターこども医療センター:垣花)
・病棟薬剤業務スキルアップセミナーの有用性の検証(中頭病院:宮城)

〇 講演会等での役割 座長
2018年6月9日 平成30年度 第1回沖縄県日本糖尿病療養指導士会 講習会
(県立北部病院:徳嶺)
2019年3月6 チーム医療によって広がる薬剤師の糖尿病療養指導.
美ゅらPharmacist Seminar~薬剤師としてこれからの糖尿病治療にどう貢献するか~(琉大病院:砂川)
2019年3月23日 平成30年度 第3回沖縄県日本糖尿病療養指導士会 講習会
(県立南部医療センターこども医療センター:垣花)

〇 講演会等での役割 講師/演者
2018年4月19日 糖尿病セミナー「糖尿病治療における薬薬連携の現状と今後」
(中頭病院:宮城)
2018年7月8日 沖縄県地域糖尿病療養指導士会 認定試験のための基礎講習会 
テーマ「糖尿病のくすりについて」(県立北部病院:徳嶺)
2019年3月6日 チーム医療によって広がる薬剤師の糖尿病療養指導
(琉大病院:外間)

〇 講演会の開催
チーム医療によって広がる薬剤師の糖尿病療養指導. 美ゅらPharmacist Seminar~薬剤師としてこれからの糖尿病治療にどう貢献するか?~
日程:2019年3月6日(水)19:15~21:00、沖縄県医師会館 参加者60名
一般演題 座長:琉球病院 薬剤部 砂川智子
『チーム医療によって広がる薬剤師の糖尿病療養指導』演者:琉球病院 薬剤部外間 登
特別講演 座長:琉球大学医学部附属病院 病院長 藤田 次郎先生
『糖尿病治療薬の変遷と薬剤師の役割』
演者:北里大学病院 薬剤部 部長 日本くすりと糖尿病学会理事長 厚田 幸一郎先生

〇 単位認定講演会  多数

〇沖縄県小児糖尿病サマーキャンプ(ハッピーサマークラブ)への参加 
 日時:2018年8月1日~8月4日、場所:沖縄県立玉城青少年の家

〇 関連団体との連携
①沖縄県糖尿病療養指導士会(CDEJ):副会長、会計、会計監査
②沖縄県地域糖尿病療養指導士育成会(OCDEL):役員 
③日本くすりと糖尿病学会(JPDS):研究推進委員、ネットワーク委員、その他
④「美ら海ウォークラリー大会」準備委員
⑤「第二回糖尿病療養指導研修会」薬剤師ブース担当
⑥沖縄県小児糖尿病サマーキャンプ(ハッピーサマークラブ)薬剤師事務局

〇 認定薬剤師、専門薬剤師の取得状況
日本くすりと糖尿病学会(JPDS) 認定薬剤師
☆糖尿病薬物療法認定薬剤師 県立北部病院;徳嶺、琉大病院;砂川
☆糖尿病薬物療法准認定薬剤師 浦添総合病院:宮里弥篤、県立南部医療センターこども医療センター;垣花、保険薬局:佐次田頌
日本糖尿病療養指導士認定有資格者数(CDEJ)37名(新規取得者、更新者含む) 
沖縄県地域糖尿病療養指導士(OCDEL)18名(調剤薬局14名、病院4名)

〇 今後の活動予定
沖縄県の薬剤師全体の発展を目指し、糖尿病領域における分科会活動を充実させる。またこれまでと同様に、論文発表、学会発表を行い、活動実績を形として残せるよう意識する。さらに医療安全の視点を導入し、糖尿病患者さんに寄り添った活動を展開する。また、今後の地域包括ケアシステムの構築の実現も見据えて、関連団体や地域薬剤師会とも連携した研修会(体験型セミナー等)を開催する。
*今年度より当分科会の世話役は中頭病院:宮城→浦添総合病院:宮里へ変更。