HOME >> 一般の方へ >> ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

「一般の方へ」一覧へ戻る

○医療機関で処方される、効き目は同じで安価なお薬です。
医療機関で処方されるお薬(医療用医薬品)には、同じ成分・同じ効き目でも、価格の高いお薬と安いお薬があります。高い方のお薬は「新薬(先発医薬品)」とよばれ、安い方のお薬は「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」とよばれます。

○新薬の特許が満了した後に発売されます。
新薬は最初に開発・発売されるお薬で、開発メーカーは特許期間中、独占的に製造・販売することができます。
その特許期間(20~25年)が満了した後に、厚生労働省の承認のもとに発売されるお薬がジェネリック医薬品です。開発期間が短く、開発コストも大幅に抑えられるため、価格が新薬の約2割~7割に設定されています。

○新薬と同じ有効成分・同じ効き目であることが、確認されておます。
特許期間中に多くの患者さんに使用され、その有効成分の効能・効果や安全性が十分に確認されている新薬。その特許満了後に、同じ有効成分で開発・製造されるお薬がジェネリック医薬品です。またジェネリック医薬品は、新薬の同等性を確認する試験(生物学的同等試験)が行われ、適合してはじめて発売することができます。

○新薬と同じように、国で定められた基準や規則を厳守しています。
ジェネリック医薬品は、新薬と同様に薬事法に基づく、さまざまな厳しい規制・基準を守って、開発・製造・発売されています。また「品質再評価」という制度によっても、品質は厳しく管理されています。